蒜山散策

ホテル周辺422号線から脇道に入って散策してみましょう。
牧草地にシダの枯れあとがあれば「わらび」が去年生えていたということです。
シダの葉をめくってみると・・・・収穫あるかもしれません。
クレソン・うど・たらの芽も見つかるかも・・・・
4月下旬~5上旬(その年の寒さによって変わります)、山菜取を楽しんで下さい。

422号線を日帰り温泉施設「快湯館」に行く方向(東)に橋があり、 そこは「ラズベリー」の群生地。6月に収穫を楽しみましょう。

6月に、モリアオガエルの産卵を見ることができます。
また、7月には蛍狩り、天然記念物の大山椒魚に会えるかも…
蒜山って、水がとってもきれいなんです。

そしてバードウォッチングを楽しんでね!
春の鶯・めじろ・オオルリ、ほととぎす・カッコウ・かわせみ・やませみ・啄木鳥
岩つばめ・雉・ふくろうなど確認することができます。
また、蒜山は西日本で唯一のオオジシギの営巣地としても知られています。

遊び盛りの男の子は夏が楽しい!!蒜山は、虫の宝庫です。
カブトムシ・かみきり虫はもちろん!!クワガタだって見つかります。
虫かごと、アミをご持参ください。
ホテルの駐車場でも捕まえられるかも。
そうそう、天然記念物「ぎふ蝶」「はっちょうトンボ」も蒜山には生息しています。
天然記念物だから、連れて帰ったらダメですよ。

虫だけでなく野生動物にもあえますよ。
キツネや狸、いのしし、アナグマだっているんです。

4月中旬から蒜山は色づき始めます
まずは梅、こぶし、桜と移り変わっていきます。山桜も咲きます。
「茅部神社」そして「黒岩の山桜」をはじめ。たくさんの桜の名所があります。

5月末~ 6月は、蒜山のシンボルとして知られている、「谷うつぎ」の季節です。また、蒜山高原センターではこの時期、シャクナゲ祭りが開催されます。
菖蒲、山藤、紫陽花もこの時期見頃です。

夏の蒜山は野生の桔梗や日本なでしこが咲きます。
7月にはハービルで約20000株のラベンダーが紫のじゅうたんのようになり、見た目と香りでリラックスできます。
8月には道の駅「風の駅」周辺で、沢山のひまわりが観光客を元気にお出迎え。

秋らしくなる9月は国道482号線沿いに、そばの白い花が広がります。
10月はコスモス、リンドウなどが咲き誇り、ひと味違う蒜山をご堪能いただけます。
11月は何と言っても紅葉です。おすすめは、蒜山・大山スカイラインの鬼女台からの眺め。絶景です。